« 平成26年度の担当授業科目 | トップページ | 「日本にあるもう1つの言語 ――日本手話とろう文化」Web掲載 »

2015年1月 9日 (金)

書評(ブックガイド)掲載!(「障害学研究」第10号,2014,pp251-253)

紹介が遅くなりましたが,昨年7月発行の「障害学研究」第10号(障害学会の学会誌)で,拙著『手話の社会学──教育現場への手話導入における当事者性をめぐって』(生活書院)を「ブックガイド」に取り上げて頂きました。

評者の高山亨太さんには,丁寧なコメントをいただき,心より感謝です!

いくつか,オッ!と思った(嬉しくなった)ところを紹介させていただきます。

・「聞こえる」立場である著者が,本書に愛情を注ぎ,社会に送り出すまでの,まるで親のような慈しみや苦悩を知らずにして,読破することは難しいかもしれない。

(…確かに!そしてその苦悩の軌跡の一部は,拙著の後書きをお読み頂ければと思っております。)

・まず,本書を読み進めるにあたって,近年の研究がデータに基づいた科学的根拠(エビデンス)を重視する実証主義の流れが主流の中で,なぜ著者がポストモダン主義である「構築主義」を援用したのか,また,「構築主義」とは何たるものかを理解しておく必要がある。

・まるで,ドキュメンタリー映画を見ているような感覚になり…(中略)多くの人に是非とも手にとって,フルコースで読んでほしい。

・ここ数年,情報保障支援の気運が高まっている高等教育におけるろう・難聴学生の支援の問題についても書かれており,多くの高等教育関係者にとって,良い意味での道標が記されている。

・著者は,本書とは別に,『聾教育の脱構築』という刺激的な書籍を2001年に世の中に送り出している。そこから干支を一周し,同じへび年の2013年に,本書『手話の社会学』が刊行され,今回も痛快な書籍を世の中に送り出してくれた。

・最後にないものねだりのお願いではあるが,結論に「聾者が望む聾教育の実現のためには,聾者にとって『この人なら信頼に足る』という人を見つける(p.335)」こととあるが,著者には,是非とも次のへび年まで待たずとも,信頼に足る人が増え,聾者が望む聾教育に一歩近づくための方法論に切り込むことを期待したい。

・今回も,「やっぱり金澤だ!」と声高に叫びたくなるような本書であり,多くの読者の期待を裏切らないだろう。

高山さん,過分なご紹介をいただき,ありがとうございました。m(_ _)m

« 平成26年度の担当授業科目 | トップページ | 「日本にあるもう1つの言語 ――日本手話とろう文化」Web掲載 »

お知らせ,ご報告」カテゴリの記事

書籍・映画・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212191/60946755

この記事へのトラックバック一覧です: 書評(ブックガイド)掲載!(「障害学研究」第10号,2014,pp251-253):

« 平成26年度の担当授業科目 | トップページ | 「日本にあるもう1つの言語 ――日本手話とろう文化」Web掲載 »