« 2012年10月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月23日 (月)

会議の勝者は聴衆が決める 「半沢直樹」ラストシーンに学ぶ

「半沢直樹」,ついに終わってしまいました。

原作を見ていたので,大筋はわかっていながらも,所々原作と異なるところもあり,そしてテンポのよい展開に,ついつい引き込まれてしまいました。
ラストも基本的には原作通りだったので,驚きはしませんでしたが,どうも終了後のSNS等での反響を見ると,あのラストにガッカリした人が多かったようですね。
…でも,あの文脈での人事の処分としては,むしろ半沢が本部に残ったまま部長になる?なんてこと自体ありえませんし,大和田をクビにするのも実際難しいでしょうから,まあ,あんなもんかなと思いました。むしろ,「ガッカリした人が多い」ということに驚きです。
ただし,あの役員会での半沢の「立ち回り」は,もちろんドラマですから「あり得ない」のは当たり前ですが,あれじゃあクビがとんでもおかしくない。
むしろあの程度の処分ですんでよかったくらいだと思います。
というより,自分のクビを覚悟で,役員全員の反感を買ってでも,自分の父親の「敵討ち」を選び,是が非でも大和田を役員全員の見ている場で土下座(=100倍返し)を強行したことに,半沢の美意識を描いたのだと思って,興味深く見ていました。
…と思ったら,渡真利や花ちゃんに持ち上げられてついつい勢いづいてしまったのか,本部副部長?それとも部長?みたいに浮き足だってしまって,意気揚々と頭取直々の人事発令を聞きに行くわけです。そしてアレっ?となる。
オイ半沢,調子にのってんじゃないぞ!と思いました。
あの場面では,ガッカリしちゃいましたね。
あれだけの大立ち回りを役員会で演じたからには,相当の処分を覚悟しておこうよ,半沢君!
大和田問題の後(つまり半沢退場後)の議題は,他でもない,金融庁検査における半沢の態度に関する処分問題。
そして岸川が実は黒崎と繋がっていた,ということも,半沢は伏せているわけですから,その部分での情状酌量の余地もなくなるわけです。
自分の人事処分の議題の直前に,役員全員を挑発し,そして次長の分際で常務をつるし上げ,挙げ句の果てには直属の上司の静止も振り切り,さらには頭取の静止も振り切り,衆人環視の場で常務を土下座。
これじゃあ,金融庁検査での「態度」問題の議論は,完全に半沢不利になびくのも当然(原作以上にドラマでは激しかったですし…)。
「あんな危険人物をのさばらせておくわけにはいかない!」と役員全員が思うこと,間違いなしです。
半沢にとって大事なのは,大和田常務への「100倍返し」。それはそれで大事なこと。父親への仇討ちでもあるし。
全てを捨ててでも差し違えたい相手だったのだと思います。
そしてそのために,まさに自分の全てを捨てて,捨て身の覚悟だった。
それならそれで,いいんじゃないでしょうかね。
というより,役員会での立ち回りの場面では,その決死の覚悟というか,潔さが美しくもあった。あの涙もよかった。
でも,もし半沢の目的がそれだけでなく,「出世」への欲目みたいなものにもあったのであれば,話は全く別。というか,うまくいっちゃったから,欲目が出ちゃったのかもしれませんが。
会議の場での「議論」の勝負は,やりとりしている2人が決めるものではありません。
それを見ている,その他大勢の人たちに,どう映るのか。
自分が「試合に負ける」ことで,「勝負に勝つ」こともあるわけです。
半沢が好印象を残すためには,少なくともあの場で銀行批判をしてはいけないし,役員全員の意識を問うようなことをしてはいいけない。
大和田を追い落とすにも,ラフィットへの与信判断や借金を徹底的に調べ上げた上での銀行員としての資質を問うて締め上げ,トドメで岸川の裏切りの一言が出た時点で,「後の判断は役員の皆様にお任せします」と述べ,そして,分をわきまえない数々の言動をお詫びした上で,サッと身を引く。
ここまでなら,頭取が丸く収められたかもしれません。
実際,その強気な交渉術と分析力で,数々の結果を残してきたわけですし。
しかし聴衆を完全に敵に回してしまった以上,「クビだ!」という意見も飛び交うでしょうし,その中で頭取ができることは,「しばらく出向しておとなしくしておれ」ということだったのでしょう。
頭取にとって半沢は,自分の命運を託し,見事に答えてくれた人物ですから,懐刀においておきたいはず。でもそれは「今」ではなくなった。
ほとぼりが冷めた頃に,本部に戻したい。少なくとも頭取と内藤部長は,そのように思ってくれているかもしれません。その意味では,半沢には再起のチャンスは残っているのでしょうけれども。
会議の場で大事なことは,意見の違う相手を「論破」することではありません。
相手が納得し,周囲も納得し,自分の要望が通るならベストですが,時には自分が「負ける」ことで,周囲が味方につくこともある。
会議の勝敗を決めるのは,自分でも相手でもない,その他大勢の参加者。
大学での障害学生への支援体制構築のプロセスで学んだことの,大切な1つでもあります。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年10月 »