« 2011年4月 | トップページ | 2012年4月 »

2011年7月25日 (月)

聾児の日記の文章の間違いは直すべきか?

一昨日,久しぶりに聾教育関係の研究会に参加しました。
ろう・難聴教育研究会。
その懇親会で,こんな疑問を投げかけてみました。
すなわち,「聾児の日記の文章の間違いは直すべきか否か。」
ここで重要なのは,感覚的な話や先入観を廃し,言語獲得理論から見て,はたしてどうかということです。

具体的なイメージとしては,文法上の間違いを訂正して「完成」した作文を嫌々1枚仕上げることと,間違いだらけを気にせずに5枚作文を書けるのと,はたしてどちらの方が効果的なのか?といったところ。

人間には言語を生み出す本能があり,体に宿る言語獲得装置が機能することに期待するとすれば,話し言葉同様に,聾児にとっての書き言葉についても,
1)読み作業によって正しい言語モデルを目から吸収し,
2)エラーを気にせず書き作業による言語表出の総量を増やすことが早道なのではないか,とも考えられるわけです。

もちろん,話し言葉と書き言葉とでは言語の性質も異なれば情報処理のプロセスも異なるだろうから,単純に同一視はできませんし,懇親会でおしゃべりしたりブログやTwitterで端的に書き込む以上に,本当はもう少し丁寧な議論も必要でしょう。そして実際,大学院レベルの授業などでは,じっくりいろんな要素を加味して議論していたりもします。

ここで端的に問題にしたかったのは,話し言葉については「自然法」を推奨しながら,書き言葉のエラーを訂正しないよりは,訂正すべきであるとの「固定観念」を持っているのではないかということです。もう少し意地悪な言い方をすれば,エラーを修正したくなるのは,科学的根拠に基づいているというよりは,実は,間違えている日本語を直さずにはいられない,教師の職業意識に基づいているのに過ぎないのかもしれない,ということです。
さらにいえば,なぜその間違いになるのかの説明ができず,子ども自身理屈がわからなくてもとりあえず訂正したくなるということ。
間違えていることを放っておけない。
放っておくと,何か悪いことをしている気がする。
なので,とりあえず,直しておこう,みたいな。
ただし,ここで注意しておくべきことは,その先に,
・ 理屈がわかるように説明するならば,訂正するのもありか?
・ 子どもの気持ちをつぶさないように訂正するならば,訂正するのもありか?
といった議論に展開することもあり得るということ。
そしてそれも踏まえた上でなお,そもそも(そこまで慎重になってもなお)「訂正する」という作業は欠かせないことなのか?ということです。

似たような議論は,書きだけでなく,読みについても言えそうです。
読書好きにさせるには,ジャンルに制約を設けず,そして感想を聞いてはいけないのが鉄則。
読むことが好きになるためには,読むときは,読むことに集中して,本の世界に埋没すること。
読んでいるときに,「後で先生に質問されるかもしれない」なんて考えてしまっては,楽しくなくなります。
通常教育で,朝の10分間読書が成果をあげているのは,まさにこの原則があるからであって,その狙いは,「10分で何が読めたか?」にあるのではなく,本の世界に入り込むことで,10分以外の時間にも本が読める子どもに変えていくから。
ハリー・ポッターに夢中になって,続きが読みたくなって,授業中も,家で食事をしている時間すらも,体がうずうずして,暇を見つけては読みふける。
麻薬中毒ならぬ読書中毒になり,活字の世界で妄想してトリップするが好きになれば大成功。

朝の10分間読書の実態を学生に聞いてみると,たいていの学生が経験はしています。そして何割かは必ず,感想を書かされたりしていて,そうした学生はたいてい,10分間読書が嫌になっています。
かくいう私自身も,小学生の時は,「本の虫」でした。
漫画は自分のお小遣いで買わなきゃいけませんでしたが,活字の本なら,中身を聞かずに買ってくれた。ただし1つだけ,「今読んでいる本を読み終わるまでは買ってあげない」というルールがありました。我が母ながら,うまいやり方だったと思います。
そんな私が中学に入って読書嫌いになったのは,読書感想文を月一冊書かされるようになってから。
作文が嫌いな私は,それで急激に読書嫌いになってしまいました。
(なぜ作文が嫌いだったか,そんな私を作文好きにするにはどうすれば良かったかについても,思うところはありますが,それはここでは割愛します。)

そして実際,少なくとも私の出会った範囲で言えば,非常に高い日本語のリテラシーを獲得した聾者は,ほぼ例外なく,理屈抜きで読書が好きな気がします。
以前,群大の大学院にいた聾学生は,私よりもはるかに読書のスピードが速く,研究室にある本を3冊くらい借りていって,翌日には全部返していました。彼女には,それが日常です。
あ,でも,先日,群大の聾学生で,とても高いリテラシーを身につけているにも関わらず,「私はそんなに読書が好きじゃない」っていう学生もいました。初めて例外を見つけた!と思いました。
…でもその学生,なんとまあ,高校生の時に『聾教育の脱構築』を完読しているんですよね。本人は意識していないだけで,普通に読書に抵抗感がないために,とりたてて好きとも何とも思っていないだけかもしれません。

さて,書き言葉のエラーを訂正したり,あるいは読書感想文を書かせたり,読書の理解度をチェックしてしまう結果として,文字媒体への自由なアクセスが制限されることになってしまいます。
そのようにすることと,とにかく「アクセスの総量を増やすこと」で体の中のLAD(言語獲得装置)の働きに委ねることとで,はたしてどちらの方がどちらが正しい日本語獲得ができるようになるでしょうか。

実際,文法的な説明をしつくしても説明しきれない(あるいは運用には結びつかない)表現は多々あります。
というよりは,そもそもそれこそが言語の性質とも言えます。
懇親会の席で伺って,なるほど,良い例だ!と思ったのは,
「校長(がorは)帰ったら,メールをチェックします。」
これ,「が」と「は」で主体が変わってしまいます。
「校長が帰ったら」の場合は,メールチェックするのは,私。
「校長は帰ったら」の場合は,メールチェックするのは,校長。
しかしそれだけでなく,さらに,前者の場合は自分の行動の宣言になりますが,後者の場合は日々の習慣あるいは未来の推定になります。
確かに教科書的な説明として,「は」はテーマ化の機能を持つと言われます。そしてそんなことは,聾学校の先生はもちろん,私が教えている大学生でも,どこかで学んでいます。
しかしこの例文は,それだけでは説明が困難です。
当然,文法を理解したつもりでも運用は間違いが起きるわけです。
私自身,aとtheの微妙な区別はさっぱりわかりません。中学生の時に,教科書的な説明は受けているのですが。自分では正しく書いたつもりでも,ネイティブチェックを受けると,赤字の訂正だらけになります。しかしその訂正されたものを見ても,なぜ間違えたかは,わからない。
それが,理屈で文法を理解することの限界なのかもしれません。

しかし,ネイティブスピーカーは,理屈抜きに言語を自在に操ることができます。文法の「理解」ではなく,「感覚」で文法を操れる。ノンネイティブのエラーをいともたやすく指摘・訂正できるにもかかわらず,その間違いの理由は説明できなかったりする。理由がわからずとも,感覚で操れる。
さて,聾児の言語獲得の目標を,このように自在に操れることとした時,その方法は,やはり自分の頭(理屈)でどうにかするのではなく,エラーを気にせずに総量を増やし,「本の虫」になることで,LADにゆだねるしかないのではないかと思うわけです。

なお,一昨日の研究会での実践報告は,これとは異なるアプローチによる優れた実践でした。手話の文法と日本語の文法を対比させつつ,共通した言語構造を子ども自身に気づかせていくもの。
先生ご自身が意識されていたかどうかはともかく,これも生成文法理論に注目したアプローチと言えるかもしれません。
そしてこのアプローチで目指しうることは,自在な日本語を使いこなすことにあるのではなく,第二言語の運用として,「単文」はシンプルな構造でありながらも,より深く,より論理的な「文章」が書けるようになるものといえるかもしれません。
そして実際,例示された中1の時の作文は,そうした成果を感じさせるものでした。

なんにしても,ここ最近,聴覚障害学生支援関係の研究に集中していたために,聾教育の言語獲得における手話の使用に関する研究という,自分の原点の研究テーマから遠ざかっていたことを実感しました。
そして自分がのんびりしている間にも,聾学校の優れた実践は,生まれ続けていることを実感。浦島太郎にならないようにしないと!(汗)

« 2011年4月 | トップページ | 2012年4月 »