« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月18日 (日)

すごいぞ,SugarSync!

職場と自宅とで,複数のパソコンを使っていると,最新のファイルを同期させる方法に悩みます。
その方法として,これまでも,インターネットディスク(オンラインストレージ)を利用してみたりしながら,でもやっぱりなかなかうまくいかなくて,困っていました。
そんな折,知ったのが,このSugarSync(シュガーシンク)です。
これの最大の魅力は,自分が普段使っているフォルダを,それも複数,同期対象のフォルダとして指定できること。
そして,勝手に同期を始めてくれること。

今まで使ってみて,そしてうまくいかなかったものは,いずれも,インターネットディスクがパソコン上に表示され,それを自分の所有ディスクの1つとして使える(だけの)もの。
しかしそれだと,
・ネットから切断されると,そのディスクにはアクセスできない。
・わざわざ「これはインターネットディスクに入れておこう」と意識しなければいけない。
という難点があります。
その結果,
・肝心なときに,肝心なファイルがネット上にない!(インターネットディスクに置き損ねた)
・肝心なときに,肝心なファイルがローカルPC上にない!(インターネットディスクに移してしまった)
という問題が生じます。
これでは,几帳面な人ならともかく,もともと管理が苦手で忘れっぽい私には無理です。

ところが,SugarSyncの場合,PCをネットにつないでSugarSyncを立ち上げておけば,勝手に指定したフォルダ内のファイルがネット上のフォルダと同期されます。
それも,例えばそのPCは自宅にあって電源をオフにしていたとしても,特に外部からSugarSyncにアクセスした場合の見かけ上は,あたかも自分のPCのそのフォルダにアクセスしているかのような操作感。
つまり,「インターネットディスク」ということをほとんど意識しなくてすむわけです。

さらに,これはすごい!ということを実感したのは,SugarSyncのiPhoneアプリを使ったとき。
iPhone上から,必要なファイルにアクセスして,それを誰かに送ることができるわけです。
このおかげで,外出先から大事なファイルをメールで送ることができました。
厳密に言えば,ここにも工夫があるようです。
ファイルを添付で送っているのではなく,メールで相手に送っているのは,URL。
先方には,そのURLにアクセスしてもらい,ファイルをダウンロードしてもらうわけです。
(最初,iPhoneで操作をしたとき,それなりに大きなファイルを送ったはずなのに,あっという間にメールの送信が完了したので,何かの間違いかと思ってしまいました。)

こんなわけで,いろいろ工夫満載で,夢のような環境が整えられた感じです。

もし,興味がある方がいましたら,ぜひぜひ,試してみて下さい。
SugarSyncのHP自体は海外のものなので英語ですが,「SugarSync」で検索していただければ,日本語でいろんな人が解説したものが出てきます。

有料でサービスを使う場合は30Gとか60Gの大容量になりますが,2Gはフリープランで使えます。
どこにでもある,友だち紹介サービスもあって,以下のURLをご活用いただければ,おまけで500M(キャンペーンとかがあったりで,容量が変動する可能性はあります)がついてきます。
紹介した私にもついてきます。もちろん押し売りするつもりはありませんので。
https://www.sugarsync.com/referral?rf=dqo4n4dkq7tg

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »