« 2009年3月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年4月 6日 (月)

「モバイル型遠隔情報保障システム」の導入実験開始!

群馬大学では,筑波技術大学,ソフトバンクモバイル株式会社,NPO法人長野サマライズ・センターとともに,2009年4月6日(月)より,「モバイル型遠隔情報保障システム」の実用化と普及を目指した導入実験を開始することになりました。
 iPhoneを使って,遠隔地から字幕による情報保障を行おうという試みで,群馬大学では,教育実習場面など,移動を伴う授業場面での情報保障に採り入れていく予定です。

詳しくは,群馬大学ホームページ
http://www.gunma-u.ac.jp/
あるいは,ソフトバンクモバイル社ホームページ
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2009/20090406_01/index.html

写真は,先月の合宿でのiPod touchの使用例。こんな感じで表示されるわけですね。
Ipodtouch

特別支援学校が荒牧キャンパスに!

 つい先日,卒業祝賀会・謝恩会で,卒業生を送り出したと思ったら,もう明日は入学式。  いつもそうですが,この数日での変化には,頭の切り替えがついて行けないところがあります。おセンチな気分に浸ってもいられません。  さて,群馬大学では,毎年恒例の新学期に加え,前代未聞の大きな変化が1つあります。それは,附属特別支援学校が,同じキャンパスにやってくるということです。これは,附属小学校・特別支援学校の改修工事のための一時的な移転(平成21年4月~22年2月頃まで)にすぎないのですが,とはいえ,けっこうすごいことです。  というのも,単に同じキャンパスに来るというだけではなく,同じ校舎で学ぶのです。  具体的には,教育学部N棟の1階,B棟の1階を中心に,教室,職員室が設けられます。  大学のホームページにも紹介されています。 (http://www.gunma-u.ac.jp/?p=528)  附属の教室や職員室は,教育学部の教室や会議室の一部を一時的にあけたものですから,まさに,「同居する」という言葉がピッタリ。  ある意味,「改修工事」という一時的な移転だからこそ,このような珍しいことが実現されたわけですね。  この一年間,いろんなことを融通しあっていかなきゃいけませんし,教室を抜け出した子どもたちが大学で授業をしている教室や研究室にやってくる,なんてこともあるかもしれません。教務の事務員さんが「迷子」を見つける,なんてこともあるかもしれません。  そしてなにより期待されるのは,大学の学生や教職員の資源の活用です。何しろ,移動時間ゼロですから,大学の授業の空き時間に,附属の授業の支援に入るとか,見学させてもらうとかいったことが,スムーズにできるでしょう。  改修工事の苦労をどうプラスに変えるか。やり方次第なのだろうと思います。  この一年,ちょっと楽しみです。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年9月 »