« スーツ | トップページ | 清原和博著『男道』幻冬舎 »

2008年11月16日 (日)

「それが大事」に学ぶ認識論

昔,流行った,大事MANブラザーズバンドの「それが大事」という曲,ご存じでしょうか?
その中に,こんな歌詞があります。

 ここにあなたがいないのが淋しいのじゃなくて
 ここにあなたがいないと思う事が淋しい

なかなか,すごい歌詞です。
まさに,認識論ですね。
「あなたがいない」という事象そのものが人を淋しくさせるのではありません。
「あなたがいない」という事象に対して,それを認識することが,淋しさを引き起こすわけです。
その場にいない人なんて,砂の数ほどいます。
しかしそれをいちいち淋しいとは思っていない。
「あなた」をここにいてほしい存在だと思い,そのあなたがここにいないと感じる。そうした認識によって,淋しさが引き起こされるわけですね。

コブクロの「miss you」という曲にも,ちょっと興味深い一節が出てきます。

 もし願いが叶うならば「もう一度…」なんて言わないよ 出会う前の2人に戻しておくれ 
 存在さえも 知らぬ ままでいさせて 出逢うはずも無いほど 遠い街へ

一見,ちょっと逆説めく歌詞です。
でも確かに,そもそも出会っていなければ,そして出会う可能性がなければ,「miss(あなたがいなくて淋しい)」という感情は起きませんね。
ただ,そこまで好きになった人に対して,「あなたと出会ったこと自体をなきものにしたい」とはなかなか思えないわけで,そこにこの歌の逆説っぽさがある気がします。
「miss you」,比較的初期のコブクロの歌ですが,なかなか切なくて良い曲です。

« スーツ | トップページ | 清原和博著『男道』幻冬舎 »

書籍・映画・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212191/43137069

この記事へのトラックバック一覧です: 「それが大事」に学ぶ認識論:

« スーツ | トップページ | 清原和博著『男道』幻冬舎 »