« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年4月 7日 (月)

大事なのは、「色」…?

とある,学生支援に関する全学の委員会で,こんなやりとりがありました。

委員長:○○先生と事務方さんのご尽力もあり,ようやく本学の就職ガイドブックが完成しました!
 つきましてはですね,表紙の色をどうするか。
 この点について,ここにお集まりの委員の先生方に,ご意見を頂ければと思うのです。
 皆様,いかがでしょうか?
 業者の方で,3色の見本を用意してもらいました。

そして,黄色はちょっと派手かなとか,青が無難なんじゃないかとか,本学のシンボルカラーはなんだっけ,みたいなちょっとしたやり取りを経て,なんとなく,それとなく,みんなが納得しそうな理由があがって,「じゃ,全員一致で,緑色ということで!」みたいな感じでまとまります。
さて,この議論。
非常にわかりやすい議題なので,誰もが議論に参加できます。
でもそれ以上に重要なことは,「実はそんなに重要な問題ではない」ということも,誰もが感じています。(…たぶん)

…でも,なんで,「色」なんでしょう?
全学から選出された委員を集めて,決めるのが,「色」。

おそらく,誰もが感じる素朴な疑問があるはずです。
そう。
「もっと他に,決めなければいけない,重要な問題があるのでは?」…ですよね。

まあ,ここまでは,フィクションのような,ノンフィクションのような,でも,実は良くある話を茶化して書きました。
でも,決して委員長もふざけているわけではなくて,そうせざるを得ない事情があるわけです。
もっと言えば,その分,裏方での委員長と事務方の担当職員の相当のご苦労があるわけです。

大学の諸々のことを「決める」のは、委員会の仕事です。
特に,全学的な委員会は,各学部から選出された委員が集まり,全学に関わる「大きなこと」を決めたりします。
私も,いくつかの全学の委員を担当しています。
学生支援センター運営委員会,地域連携推進室,障害者雇用推進室協議会が,私が携わっている全学的な委員会の大きなものになるかと思います。
厳密には,「委員会」と「室」は異なるのですが,話が面倒なので,ここでは触れません。
それと,他にもいくつかの「ワーキンググループ」のメンバーになっていますし,それこそが実質的な議論の場であったりするのですが,ひとまずおいておきます。

各学部の委員会の場合,重要な委員会であれば,きちんと議論もしますし,時間もかけます。
でも,全学の委員会の場合,それぞれの学部から選出された人たちを集めますから,そんなに回数を多くするわけにもいきません。そしてそんなに長い時間,拘束するわけにもいきません。
そこに,矛盾が生じます。
全学の運営に関わる大事なことを決めなければならないのに,議論に時間をかけられない。
その矛盾を解消するために,1つの方法が生まれ,至る所で活用されています。
それは,原案をすでに用意しておくこと,です。
まあ,当たり前のことなんですけどね。
ではその原案は誰が作成するか。主に2つあります。
1つは,その委員会を担当する事務職員。
もう1つは,委員会のしたに作業部会とかワーキンググループを設けて,そのメンバーが作成する。この場合は,教員が作成することになります。

確かに,「お集まりの委員の先生方に,就職ガイドブックの作成をお願いします」と言った方が,大事な問題をお願いしたことにはなるでしょう。
でも,そんなことを引き受けてくれる暇な人はいません。
また,「お集まりの委員の先生方に,作成した就職ガイドブックについて,1頁目からお目通し頂き,これでよろしければご承認を頂きたい」というのも,無理があります。そんなに長い時間,会議に時間をかけられません。
そうはいっても,何にも決めることがなくて,「作りました」という報告事項にしてしまうには,「大事」な問題だったりもします。
そこで,そんなに本質的ではない議題(つまり,「色」)を用意して,短時間で「何かを決めた」形をとるということになります。

日本の「会議」はブレインストーミングの場ではありません。
すでに決まったことについて,承認を取っていくのが,日本流の「会議」なわけです(参考:橋本 治「上司は思いつきでものを言う」新英社,2004年)。
そしてそれが全学の委員会にも典型的に現れているということです。

このことは,障害学生支援についても,大事な示唆を与えてくれます。
近年,学長や副学長を委員長とする,「トップダウン」の委員会として障害学生支援委員会を設置している大学が増えてきました。
でも,実際の支援の質に目を向けてみると,ちょっとイマイチかも…と感じてしまう場合も珍しくありません。
それは結局,誰も本質的な問題がわからない中で,担当の事務方が出した案を承認していく結果なのかもしれません。
逆に言えば,障害学生支援の組織化を,短期間で良い形にしたいと思ったら,原案を作成する事務方と,(さらにできれば委員長と)きちんとコミュニケーションをとることにつきる気がします。
そして原案の原案を作るくらいのことをすると,実質的に良い支援体制を作っていくことが可能になるのではないか,と思っています。

入学式当日

聴覚障害学生支援について,久しぶりの更新です。
また,新しい年度になりました。
今年度も,群大の聴覚障害学生支援については,大きな変化がありました。
その詳細はひとまずおいておくとして,新入生の入学式での情報保障については,2年前に行った方法と同じように,今年も無線LANを活用しました。
県民会館の舞台袖でPCテイカーが入力作業を行い,聴覚障害学生本人は薄型のタブレットPC(キーボードがないもの)を表示用パソコンとして持って自分の席に座ります。
これだと,「友達できるかな…」と不安と緊張でいっぱい新入生の両隣をテイカーが挟むことなく,連携入力による字幕を見ることができます。
今のところ,これが一番良い方法かなと思っています。

さて,時代は遡って,今から5年前の,平成15年の4月。
入学になんとか滑り込みで間に合わせる形で,バタバタとテイカーの確保とコーディネーターの確保と講習会の実施を済ませました。
入学式当日は,たしか,私が特に信頼のおける上級生(4年生)にお願いしたことを覚えています。
2人のうちの1人は,在学中,一年間長期休学して,鹿児島の入所型施設に長期滞在してボランティアをしてきた,ちょっと他の学生よりも社会を知っている学生でした。
方法は,当時は連携入力という方法があることは知ってはいましたが,実現できるとはあまり思っていなかったので,パソコンの1人入力を適当な時間で交代する形での2名体制で行いました。
携帯メールで連絡を取り合って,新入生の聴覚障害学生と会場前で待ち合わせて,本人の隣でPCテイクをしました。
なにしろ初めてのことでしたから,大学としてもノウハウを持ち合わせていたわけでもありませんし,その上,入学式という大切な場ですから,テイカーの2人はさぞかし緊張したと思います。
今更ながら,大役,お疲れ様でした。
もちろん,聴覚障害学生本人も緊張したでしょうけど。
(その学生さん,その後4年間の学部生活と1年間の専攻科生活を終えて,4月からは正規採用の教員になり,社会に羽ばたいて行きました。良かった良かった!)

その後で,午後は教育学部棟に場所を移して,入学オリエンテーションが行われました。
学部全体のオリエンテーションの後で,専攻別のオリエンテーションがあり,そこで私たち講座の教員との出会ったわけですが,その話はまた次回に。

2008年4月 2日 (水)

自分で自分にお願いする…?

教養教育棟のゼミ室を、障害学生支援室として利用するための手続きについて相談をしていたときのこと。

課長:それなら、学生支援センター長から、大学教育センター長宛ての依頼文書を出してもらう必要がありますね。

私:それって、どっちも同じ人じゃないですか?(教学担当副学長理事)

課長:いいんですよ、それで。職務を兼ねてるってことであって、それで手続きは進みますから。

…まあ、そんなもんでしょうけど、自分が自分に宛てるってのが、変じゃないのが、「組織」なんですね。

私、校長じゃありませんから!

ウィキペディアに,自分の名前があるのを発見。
ちょっとビックリ。
で,中身を読んで,大笑いしてしまいました。
「現在、群馬大学教育学部附属特別支援学校校長を務める。」…って,誰のことよ。
3月末まで校長職にあったのは,隣の研究室の先生。
4月からは,保健体育講座のすてきな女性の先生。
どっちにしても,私じゃありません。
このことを知ったのも,個人メールで,「先生,校長先生をされていたのですか?」と聞かれてのこと。
私,まだ30代ですから。
こんな年齢で校長職なんかになれるわけもないし,なったらなったで,やりづらくってしょうがないってもんです。

もうちょっと読み進めると,略歴も,違いますね。
私,助手はわずか1ヶ月だけなんです。
そして,2000年4月に群大に赴任しました。
たぶん,書かれた方は何かを見て,「1ヶ月しかないのは何かの書き間違いだろう」と早合点され,修正してしまったのでしょうかね。
助教授に昇進したのも,年度途中。2003年2月です。

「趣味はブログ、造園、海外旅行」…これも結構,笑えました。
「ブログ」は,たぶん,このブログを作ったから,趣味に加えていただいたのでしょうね。
でも,好きでやっているなら,こんなに更新の頻度は遅くないでしょうね。
「造園」…うーん,なんでだろ? 花はもらうと枯らしてしまうし,観葉植物にもガーデニングにも興味はないし。あ,処分に困った観葉植物を医学部の研究室に置いておいたからからか?(…そんなの,誰が知ってるって?)
「海外旅行」…たぶん,ブログの写真(ナイアガラの滝)からでしょうかね。仕事の出張で比較的最近,2回ほど行きましたが,それだって,前から行けと言われていたのを断り続けて,ようやく重い腰をあげて出かけたことだし。そもそも,それ,「旅行」じゃないし,趣味でもないし。どちらかといえば,国内の,温泉巡りの方が好きですね(…って言ったとたんに,「趣味は温泉巡り」って,更新されてたりして)。

ま,ともかく,注目していただけることは,ありがたいことなんですけどね。

2008年4月 1日 (火)

学部長はここにいるんですけど…

「組織」っていうのは,実におもしろいものです。
先日,私の所属する系の会議がありました。
その折に,教務の部屋にあるマル秘資料を閲覧する必要が生じました。
で,資料を見せてもらえるよう,会議室の電話から教務にお願いをしました。
すると,「講座主任名で,学部長宛に依頼文書を送ってもらえませんか?」と。

で、その学部長もまた、系のメンバーでした。
電話で「学部長もここにいるんですけど…」と伝えると,
「はい。それを文書でぜひ出していただきたいのです。」とのこと。

学部長も同席している会議で依頼文を作成し,学部長に上申する。
うーん…一言,言えば済むって気がしてしまうのですが…なんだかなぁ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »