« アリスの丘 | トップページ | 学部長はここにいるんですけど… »

2008年3月26日 (水)

背中にウンチをされた日

「自分の人生を変えてくれた人」は,さまざまです。
なかでも,どちらかといえば頭でっかちだった自分に,「まず行動すること」を教えてくれた人には,本当に感謝です。
森村桂さんもその一人だったと思います。
でも,もっとそれに勝るとも劣らないくらい,もしかしたら自分に大きな影響を与えてくれた人もいます…

それは私が東京学芸大学の学部生だったころのこと。
障害児と関わるボランティアサークルに友達がたくさんいたせいか,時々彼らのお誘いで,野外活動や大きなイベントでは,ボランティアとして一緒に参加したりしていました。
誰か一人の子どもにマンツーマンでつくってやつですね。

その日は,渓流で遊んでいました。
知的障害のあるお子さんで,非常におとなしい子を担当しました。
川の水があまり得意ではないようだったので,背中におぶって渓流に入りました。
しばらくすると,なにやら怪しいニオイが後ろの方からたちこめるわけです。
そう,背中にウンチをされてしまったんですね。
当然,Tシャツは使い物にならなくなってしまいました。
その後始末をどうしたかはあまりよく覚えていません。
でも鮮明に覚えているのは,そのことを皆に言った時の,みんなの歓声ですね。
馬鹿にされるとか,慰められるとかではなく,まるで英雄扱いでした。

背中にウンチをされてしまうと,もうそれ以上怖いものはなにもないって気になります。
頭でっかちだった自分が,その時から,少し変わったような気がします。

A君,君のウンチが僕の人生を変えたんですよ!(笑)

« アリスの丘 | トップページ | 学部長はここにいるんですけど… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212191/40646339

この記事へのトラックバック一覧です: 背中にウンチをされた日:

« アリスの丘 | トップページ | 学部長はここにいるんですけど… »