« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月24日 (月)

CMに学ぶ1分(15秒)プレゼンテーション

昨日,日本テレビの「HAPPY Xmas SHOW!」で,Panasonicが気合いを入れて作ったCM3部作が流れました。
私はそうとは知らず,最初の2つを見逃してしまい(っていうか,録画したものをCMなので消してしまい…),最後のだけ,見ることができました。
退職の日をテーマにしたCM。
思わずジーンときてしまうCMだったので,Webで確認してみたら,残念ながら,この1回しか流す予定がないCMとのこと。
再度オンエアしてくれたらいいのですが…

感動するCMといえば,明治安田生命の,「あなたに会えて」シリーズが有名ですが,他にも,こんなものもありました。
これは,ヤバすぎです。泣けます。PanasonicのパソコンのCMです。
http://jp.youtube.com/watch?v=9kmJXG9qIvM

最近読んだ,中谷彰宏さんの本「なぜあの人は人前で話すのがうまいのか」(ダイヤモンド社)では,自己紹介の「1分」の大切さについて,それがCMで4本分に相当することを例に挙げて,「1分はとても長い」と書いてあります。
「「1分しかない」と言っている人は,10分やっても「10分しかない」と言うのです。」とも,書いてあります。
良いCMの中には,確かに,とても短い時間の中で,壮大なドラマを感じさせてくれるものもあります。

チャンスは準備をしているときにやってくるものとは限りません。
ある時突然,エレベーターの中で,普段話をすることもできない人から,話しかけられたりします。
その人に,「お時間を頂ければ,ゆっくりお話ができるのですが…」などと,言えません。
向こうは,「今日は良い天気ですね」と同じくらいの調子で,「最近,良いことありましたか?」と聞いているだけであって,気の利いた返事も期待していませんし,降りたらすぐに用事があったりするわけですから。
エレベーターでの,わずか15秒くらいの中で,相手に興味を持ってもらえなかったら,次はない。

学会のポスター発表も,似ています。もう少し時間は長いですけど。
でも,いくつも見たい発表があるなかで,たまたま立ち寄ってくれた時に,ダラダラと説明しては,相手に迷惑です。
わずか10秒程度で,研究の要旨と,その面白さを話して始めて,相手が興味を持って質問をしてくれる。
つまり,次につながるわけです。
その意味では,テレビ番組の「歌スタ!!」に似ているかもしれません。
「次を聴いてみよう!」と思って,プロのプロデューサーさんたちがボタンを押してくれなかったら,その時点で,はいさよなら,ですから。

15秒で相手をノックアウトさせる,CMに負けないプレゼン力を身につけたいものです。

2007年12月 4日 (火)

細野浩一先生来学!

昨日,「聾重複障害児教育概説」の講義のゲストスピーカーとして,細野浩一先生を群馬大学にお招きしました。
学部長裁量経費,良い形で活用できましたよ!(^_^)V >松田先生

細野先生といえば,「どんぐりの家」の主人公のモデル。
(そういうご紹介は失礼ではないですか?と事前に確認したところ,「大丈夫です」と快いお返事!)
本当に,情熱家で,そして確かな視点をもっていて,学生に貴重な時間を提供することができました。
特に,聾重複の方たちには彼らの「集団」が必要なのだということ,まったく同感でした。

そうそう,細野先生にもご紹介をいただいた,「どんぐりの家〜それから〜」ですが,インターネットで検索したところ,非常に興味深いブログを見つけました。
http://blog.livedoor.jp/crvmain/archives/50165414.html
事業所側の視点から障害者雇用について書かれているもののようで,大変参考になります。
自立支援法についても,「陰の部分を強調しているので、改めて言及するが「自立支援法」は陽(光)の部分があると個人として思っている。」という指摘についても,なるほど,です。
もちろん,自己負担の問題は大きいし,それは改正されるべきだし,そして改正されつつあります。
でも,障害者福祉の財源が枯渇していく現実もあるわけで,それも無視することはできません。
文字通り「自立支援」の法律としていくためには,我々関係者の役割も,重要だろうなと改めて思いました。
群大での障害者雇用も,さらに良い形にして,発展させて行けたらと思っています。

2007年12月 2日 (日)

マリア(映画)

昨日から公開されましたが,早速今日,見に行ってきました。
残念ながら群馬では見られないので,東京での用事ついでに,見ることができました。
クリスチャンが見たら,感涙にむせぶこと,間違いなし!
そうでない人も,クリスマス前のこの時期に見ることで,クリスマスイブを2倍楽しめることでしょう。

この映画は,イエス・キリストの誕生がテーマです。
聖書では淡々と書いてあることも,こうやってリアリティある形で示されると,実に現実は大変だったんだなと思い知らされました。
そのあたりは,「パッション」でも感じたことです(あちらの方がもっと生々しいですけど)。

「処女マリアがイエスキリストを身ごもった」ということ自体は誰でも知っていることではありますが,ヨセフの立場からしたら,あり得ない話です。
処女だと思っていた自分の嫁さんが,久々にあって見たら妊娠してた…なんて。
しかも,その子どもを自分の子として育てるわけで。
そのあたりの現実感も,うまく描いています。

あの時代に,イエス・キリストが「登場」するためには,いくつものギリギリの条件が重なる必要があったのだということを,改めて感じさせられた映画でした。

2007年12月 1日 (土)

だったらオマエがやってみろ!

「ブログの女王」,眞鍋かをりさんのブログにありました。
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_70ca.html
つい,言いたくなる言葉です。
でも,この言葉を言われないようにするためには,相手の気持ちや立場を思って語りかける配慮も必要です。
真鍋さんは,インタビューをされる経験と,逆に,する側に回った経験とを重ね合わせながら,話を展開していました。
このあたりは,インタビュー調査をする私たちにも通じるところがありますね。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »