« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

ルワンダの涙(映画)

「ホテル・ルワンダ」に続いて,またまたルワンダの話です。
こちらは,まだ新しい作品なので,レンタルDVDのコーナーでも,「新作」の部類に入っているかもしれません。
なぜ,こうまでして,殺し合わなければならなかったのでしょう?
そして,まさのあの時は,殺す相手のことを,「同じ人間」とは思っていなくて,「コックローチ」として見なしていたわけで,それもすごい話です。
日本人である自分には,正直なところ,なかなか理解できない部分でもあります。
でもその一方で,例えば学校での「いじめ」を想起すると,人は意外と簡単に,人を人とも思わなくなれるのかもしれないと,映画を見終わった後で,フッと思ったんです。
「いじめ」だって,本当にエスカレートしてしまったら,友達だったはずの同級生を,バイ菌扱いできてしまうわけで。
いじめが起きたとき,「いじめがなぜいけないのか」について,討論をさせようと考える担任の先生がいます(そんなことをしていじめが止んだら苦労しません…)。
よい子ちゃんの答えを,とりあえず子どもたちは言うでしょうね。
じゃあ,「なぜ,いじめは楽しいのか」について,話し合わせたら,どうなるんでしょう?
人を虐げることって,ある意味,楽しいんですよね。
でもそれは,悪魔的な楽しさです。
やっぱ,性格,歪みますよ。
そんな悪魔的な部分を我々も持っているのだということを踏まえて議論しないと,いじめからの脱却は図れないのかもしれません。
でも,「我々は悪魔的な部分を持っている」なんてことを議論していいのは,いつぐらいからなんでしょうかね…?

さて,話を変えて,この映画には,ホテル・ルワンダとは決定的に異なる点があります。
それは,主人公は,先進国の人間だということです。
自分たちは,帰れる。
こんな危険な場所に居続けなくていい。
でも,自分たちが帰った後では,間違いなく,彼らは一人残さず殺される。
そんなとき,自分なら,どうするでしょうか。
たぶん,私は,しっぽを巻いて逃げ出しそうな気がします…(間違いなく!)

2007年11月21日 (水)

附属特別支援学校公開研

「ブログが最近更新されていないようですが,お忙しい毎日をお過ごしなのでしょうね。」といったメールを頂いている今日この頃です。
お読みいただいているみなさま,スミマセン…
昨日締め切りの原稿を,今朝4時起きして書き上げて,ようやくちょっとホッとしたところです。
先週は,群大附属特別支援学校の公開研究会がありました。
毎年毎年,先生方の気合いの入れようには,本当に頭が下がります。m(__)m
私も,微力ながら,そして毎年恒例のことですが,お手伝いさせていただきました。
今年は,授業づくり協力を2つ,分科会の指導助言(企画段階での協力を含む),そして指導学生のポスター発表が2つ,関わったので,研究会当日は,あっちこっちに行ったり来たり,忙しくも楽しい時間を過ごしました。

附属特別支援学校にとっては,今年は7年間の研究の集大成の年でしたので,1つの節目でした。
すべての子どもに異なる教育課程を用意しながらも,集団活動を実現させるという,パズルのような教育課程−個別カリキュラム−が,ようやく完成しました。
「新しい時代にあった教育課程を考える」とした場合,ふつうは新しい時代にあった領域を考えるでしょう。
領域・教科が通常の教育の制約を受けるとしたら,新たな指導の形態を考える,みたいなところでしょうか。
ところが群大附属はそうではなく,究極の個のニーズにあった教育課程を実現させるために,常識的な発想を飛び越えた教育課程に挑んだわけです。

私が群大に赴任したのが平成12年でした。
一方,附属特別支援学校が3年間の研究開発指定を受けたのも,同じ年でした。
これから動きだそうという,まさにその年に群馬に来たわけです。
初年度は,勉強しなきゃと思って,小学部の学部会に毎週お邪魔させていただいて,一緒に議論に参加させてもらいました。
個別カリキュラムの構想が立ち上がったのは,平成13年からでした。
その時は,この常識を覆す発想のできる研究主任のパワーに圧倒されながら,研究部の部会に毎週お邪魔させていただきました。
その後,毎年毎年,欠けている部分が新たに埋められ,徐々に仕上がっていく様子を見ることができ,そして部分的にでもお手伝いできたことは,自分にとっても大変勉強になりました。

きっと,この,「新しいものを生み出そう!」というパワーは,7年間の区切りがついたからといっても,止むことはないでしょう。
また,新しい研究課題に向けて,大忙しの実践&研究の日々が始まるのでしょうし,そして来年の公開研も,今年に劣らず,充実したものになるのだろうなと思います。

知的障害養護学校の場合,全国各地に大学附属の学校があります。
その結果,群大だけでなく,全国のそれぞれの学校がユニークな研究開発に取り組んでいます。
競争があるからなのでしょうね。
小学校・中学校もそうでしょう。
私自身,学芸大の学生だった時,常に新しい研究課題を学校全体で取り組んでいること,さらには先生方一人一人がそれぞれの研究課題をお持ちであることに,大変感銘を受けた覚えがあります。
附属学校が「模範になる」ためには,単にいわゆる「模範授業」をするのではなく,他の公立校が実践しえない新たな研究課題を常に持ち,時代の要請に応えていくことこそが求められるのだと思います。
研究開発のためには,課題を設定し,それを紀要などで公にする必要があります。
そして単なる「学校公開」ではなく,「公開研究会」を開かなければならないでしょう。
そこで行う公開授業は,研究成果の体現でなければならないはずです。
まさに,身体を張って,勝負するわけですね。

群大附属特別支援学校を褒めるのは,なんだか半分内輪褒めみたいで気がひけるのですが,まさに一丸となって時代の要請に応えようとしてきたし,これからもそうしていくのだろうと思います。

附属の先生方,お疲れさまでした!

2007年11月 4日 (日)

公開講座,無事に終了しました

昨年に体育分野のみで開始し,今年は体育,美術,音楽に広げて実施した,知的障害のある方を対象にした公開講座ですが,先週,無事に終了しました。
参加者の皆さんには,楽しんで帰っていただけたようで,やってみて,本当に良かったです。
授業を担当して下さった,山西先生,茂木先生,吉田先生,ありがとうございました。
また,ボランティアの皆さんにも,お世話になりました。
ありがとうございました。
また来年に向けて,企画を練っていきたいと思います!

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »