« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

「ほとんどいない」か?

論文などを書くとき,研究者としては当たり前のことでしょうが,おそらく周囲の人が想像する以上に,1つ1つの言葉には気を遣っています。
私は,わりと「断定的にモノを書く」と言われることがある気がしますが,そう見えても,一言一言の言葉選びは,結構慎重に考えて書きます。
「ほとんどいない」がいいのか,「少しはいる」がいいのか,この辺になると,文脈の中でのニュアンスの微妙な違いだったりするので,自分でも感覚的に選んでいるところも否めませんが。
でも,「ほとんどいない」とは書けても,「まったくいない」とはなかなか書けません。
1例でもいたら,嘘になりますから。

一方で,「金澤は,現場を見てもいないのに,断定的なものの言い方をする」的なご批判を,しばしばいただくことがあります。
正確には,直接言っていただければ,ご説明するのですが,なかなかそうはならないもので,そこが難しいところです。
例えばそう言われる理由として,「聾学校では日本手話が読み取れる教員がほとんどいない」といった類の記述があげられます。
「聾学校の現場にも,聾者と深い関わりを持っている教員もたくさんいる。そしてその中には,相当な手話の使い手もいるし,手話通訳者としても活動し,日本手話を十分に読み取れる人もいる。そうした実態を知らないのではないか」といったところでしょうか。
私は,最近は聾学校の現場から多少は離れていましたが,基本的には,研究者の中では,かなり学校現場を見てきている方だと思うんですよね。
もちろん「それで十分か?」と言われると,そんなことはないでしょうけれども。

この現象の読み解きは,「何を分母として考えるか」が重要になります。
例えば,手話を聾学校に取り入れたいと思っている人たちが集まる研究会に行けば,手話を日常的に使用している人たちによって分母が構成されます。
その中では,大変流暢な手話の使い手も目立ちますし,聾者からも,「あの先生の手話はOKだ」と言われる人も散見されます。
その様子を日常的に見慣れていると,「『ほとんどいない』はずはない!」と思ってしまうわけです(私自身も,その感覚に陥ります)。

しかしながら,各学校に戻ったとき,そうした人たちは,全体のうち多数派と言えるでしょうか。
あるいは学校間での温度差もあるでしょうから,それを全国的におしなべて考えた場合は,どうでしょうか。
100人に1人程度だったら1%
50人教員がいる学校に1人だったら,2%程度です。
果汁1〜3%程度のオレンジジュース,みなさんなら,「たくさん果汁が入ってるじゃん!」と思いますか?
「ちっとも入ってないじゃん!」と思いますか?
もちろん,果汁と人間を一緒にはできませんけれども。
でも,分母を「日本全国の聾学校教員」として考えたら,「多くいる」とは言えないでしょうし,少なくともまだまだ少数派であることは間違いないだろうと思うのです。
手話をつけながら授業ができる教員なら,「多くいる」と言ってもいいかもしれませんが,日本手話が読み取れる教員は,まだまだ「わずかしかいない」か,「ほとんどいない」か,どちらかの記述になるだろうなと考えるわけです。

「日本手話が読み取れる教員はほとんどいない」という記述で行こうと決めるとき,必ずしも,その根拠は,何かの調査結果に基づいているとは限りません。
むしろそうではない時の方が多いかもしれません。
とはいえ,少なくとも,なんとなくの見かけに惑わされて分母を見誤らないように注意して,判断をしたいと思っています。

ただ,そうは言っても,最近は手話が上手い先生が飛躍的に増えた気がしますので,分母自体が変化している気もします。
そろそろ,「多数派とは言えないが,各学校に数人はいる」と言ってもいいかな,と思いつつある今日この頃です。

雑用から逃れる最良の方法は,雑用の達人になることだ

我らが教育学部長,松田先生は,超人的に仕事が早いです。
そして,フットワークも軽いです。
以前,私が,教育実習関係のお仕事で,一見単純作業のようだけれども,いろんな不確定(?)要素が混じっていて,なかなか決められない作業を抱えていたときのこと。
立ち話的に,松田先生に相談すると,「じゃ,昼休みに一緒にやりましょう。5分で済みますよ」と。
お忙しい先生に申し訳ないと思いつつも,お言葉に甘えました。
…で,本当に5分で終わってしまったんですよね。
上から順番に,「…は,…だから,こちら。…は,」と割り振っていく。
それも,例えばどの学生がどの辺に住んでいるかとか,どんな性格かとか,実習校の特徴とか,いろんな情報が頭に入っていて,それを引き出しながら。
私が30分以上かけて考えていた,いや,考えあぐねていて決められなかったことを,それ以上にきちんと根拠のある作業として,5分で済ませてしまったわけです。
考えてみたら,学部長というお仕事は,押し寄せてくる決済の書類の嵐に押されずに,流していく作業だけでも,大変なことでしょう。
しかもその1つ1つ,きちんと確認しておかないと,後で何かあったときには最終責任を追う立場になるわけで。
つまりは,学部長としてクリエイティブな活動を展開していくためには,学部長として誰にでも求められるルーティンワークは,瞬時にさばいていく能力が求められるのでしょう。

「こんな雑用ばっかり何で俺にやらせるんだ,もっと俺だってクリエイティブな仕事をしたいんだ」とぼやく人が時々いるかもしれません。
でも,いわゆるクリエイティブな仕事(質の高い仕事)は,単純作業の量をこなして初めて,成し遂げられるのではないかと思うわけです。
量をこなさないと,質には転化しない。
この辺の話は,中谷彰宏さんが,しばしば書かれていることでもあります。

私の学部と修士課程の時の指導教官,学芸大の渡邊先生(今は副学長)は,若い頃,大変な苦労人でした。
飲んだ席での苦労話に感動して,「私,渡邊先生の人物伝を卒論にします!」といった学生がいたほど(もちろんその場で却下されましたが)。
いろいろなお仕事を経験されてこられたからか,わかりませんが,「私は単純作業は得意ですよ!」と言ってました。
確かに,研究会の案内の発送作業では,のり付けのコツや封筒の折り方のコツを,教わりました。
単純作業ほど,1つ1つでは時間の開きはそんなに違わないように見えて,10,100と量を重ねると,上手い,下手の差が出ます。
なかなか奥が深いものですね。

そんな私は,未だに単純作業が極められず,そして雑用が嫌いなままですけれども…

ギブしたことを忘れた頃に,まとめてテイクがやってくる

時々,「なんて運がいいんだ!」と思う瞬間がやってくることがあります。
いろんな偶然が重なって,何か大きなことができる時とか。
ただ,その偶然の重なりの中には,いくつかは確かに自分の力ではどうにもならない,神様が引き起こした巡り合わせなのですが,いくつかは,遠い昔に自分が何かしたことの結果だったりします。
それも,見返りを期待しないで行った,些細なことだったり。
それらがある時,化学反応を起こすかのように有機的に結びついて,大きな結果として,返ってくる。
結果を期待せずに,いくつも投げていったタマが,ある時まとめてヒットするって感じでしょうか。

「ギブアンドテイク」という言葉がありますよね。
僕は,なんてもったいない発想なんだろうか,と思います。
ギブとテイクは,一対一対応ではありません。
テイクを予測してギブできるものでもありません。
予測できるとしたら,それはとても些末なものでしかありません。
1つ1つの行動を起こすとき,人に何かをしてあげようと思うとき,「それをすると,こんな見返りがあるから…」と思ってするのは,打算的なようでいて,あまり生産性は高くない打算にすぎないと思うのです。

究極の打算的な生き方は,一切打算的な考えをしないことなのかもしれません。

2007年9月29日 (土)

出る杭は打たれるが,出過ぎた杭は打たれない

中途半端に目立つから,「異端分子」として,叩かれるのです。
主張するなら,腹くくって,行きましょう。

2007年9月27日 (木)

走り続ける者に力は宿る

この言葉は,大学生だった頃,チャゲ&飛鳥のライブに行ったとき,飛鳥涼が「好きな言葉」として語っていた言葉です(当時は毎月,誰かしらのライブに出かけていました)。
いろんな解釈の仕方はあるとは思います。
でも,「馬車馬のように働け!」という意味ではないと思うのです。
神様が僕らに力をくれるとしたら,
「力をくれたら走ろう」と思っている人でもなく,
「力がなくなったら,やめよう」と思っている人でもない。
やらなきゃいけないことがそこにあったとき,「走り続けよう」と思い,実際に走り続けている人に,力をくれるのだということではないかと思うのです。

力が宿ったから走るのではない。
走り続けるから,力が宿るのです。

2007年9月26日 (水)

Count your life by smiles, not by tears ...

Count your life by smiles, not by tears
Count your age by friends, not by years

これは,駿台予備校で,筒井正明先生が,授業の最後の最後に,受験生に贈ったメッセージです。

「君たちの人生を,流した涙でなく,浮かべた微笑みの数で数えて下さい。
君たちの年齢を,過ごした年月でなく,作った友達の数で数えて下さい。
さよなら!元気で!」

と言って,廊下,通路まで溢れる受講生の拍手の中,颯爽と去っていきました。
その後,ケンブリッジ大学に客員教授として行かれたとか,噂で聞きましたが,今でも明治学院大学の教授であられるようです。
その後,大学に入ってからも,この言葉をかみしめて過ごしました。

元ネタは,ちょっと違うようです。
ちょっとネットで見ただけでも,いくつかバージョンがあるみたいです。

例えば…
Count your nights by stars, not shadows;
 Count your life with smiles, not tears;
 And with joy through all your lifetime,
 Count your age by friends, not years.
(http://frbourbon.cocolog-nifty.com/illinoisdiary/2005/02/count_your_age.html)

こちらのページでは,こんなでした。
"Count your garden by the flowers,
-Never by the leaves that fall,
Count your nights by stars,
-not shadows.
Count your years with smiles,
-not tears."
(http://sasaki.cc/)

ですから,私が聞いた2行の詩は,筒井氏が改編したものかもしれませんし,それもまた別の方が作って広まっているものなのかもしれません。
いずれにしても,私の中では,この2行の短い詩が,非常に美しく耳に響いてくるんですよね。

…あれから,どれだけ,友達が作れたでしょうかね。

このカテゴリーについて

「今日の言葉」なるカテゴリーを立ててみました。
格言めいた,短いけれども好きな言葉がいくつかあります。
そんな言葉を,時々紹介していきたいと思います。

これぞ,プロの授業!

長いこと,探しても見つからなかったものが,いきなり先日,見つかりました!
浪人中にお世話になった,予備校時代の授業のテープです。
A面が奥井潔先生,B面が筒井正明先生。
どちらも,駿台予備校での授業です。
そして,どちらも最終講義。
なので,授業の最後に,これから受験に向かう学生へのエールも入っています。
特に筒井先生のテープは,その年度の複数ある講義の中でも一番最後の授業ですし,その上,ご自身がその年度を最後に駿台を辞められたので,正真正銘,これ以上はない「最終講義」です。
そして,筒井先生ご自身も,講義の中で,「この講義は,最終講義の,そのまた最終」と言っています。
ある意味,プレミアものですね(興味があるマニアックな人にとっては,ですが)。

予備校の授業を,「しょせんテクニックの切り売りで,本当の勉強ではない」と思っている方,いませんか?
それは偏見ってもんです。
もちろん,「テクニックの切り売り」だけの授業もあるかもしれません。
では逆に,高校の授業が,どれだけ「本当の勉強」を教えてくれるといえるのでしょう?
自分のいた高校は,比較的良質の授業をして下さる先生方が集まっていたと思います。
(大先輩には東条英機,後輩には乙武洋匡という超有名人がいる高校です。…どちらとも,接点はありませんが。)
とはいえ,予備校のトップクラスの人気講師と比べては,申し訳ないが,気の毒だとすら,思います。
今,私自身が人前で授業をする立場になって改めて思うのですが,予備校の一流講師の授業は,技術も内容も,小・中・高,そして大学などの「予備」ではない学校の,そこらへんの教師ではとても歯が立ちません。

なにしろ,受験は長丁場です。
最低一年以上の長いスパンで,成績をあげ,かつ安定させることが求められるわけです。
ですから,そのためにはやはり本質的な「理解」は不可欠なのです。
「テクニックの切り売り」などでしのぎきれるほど,甘くはありません。
それこそ,結果を出さなければ減給,さらにはクビになる分,高校の授業よりも不可欠です。

確かに,私が予備校に通っていたころは,バブルの絶頂期だったこともあり,授業の前に歌を歌う人もいれば,授業の前にビールを飲む人もいました。
しかしその一方で,厳しい競争社会ですし,そして受験生も自分の合否がかかっていますから,そうしたパフォーマンスだけでは人気講師が勤まるわけがないのです。

さて,私は,親には申し訳なかったと思いつつも,当時は有名講師と言われる授業は片っ端から受けました。
それぞれの先生方の個性はありますが,やはり皆,良い授業をしていたと思います。
だからこそ,今,改めて,予備校の時の授業を聞いてみたいなと思っていました。
そして,久しぶりに,車の中で,聞き入りました。

奥井氏と筒井氏ですが,両氏は駿台の英語の中でもとりわけ格調高い教材である「Choice」を担当していました。
予備校の教材なのに「格調高い」というのもヘンかもしれませんが,本当に「格調高い」のです。
駿台では本科生用の英語授業には何種類かありまして,「英文解釈」の授業に使われる教材は,単に難しい英文を引っ張ってくるのではなく,「学生に伝えたい名文」をピックアップして作られた教材だったのです。
その中でも「Choice」はその最高峰に位置づけられ,その名文の味わいを伝えられる講師が担当していました。
それが,奥井先生と筒井先生でした。
しばしば受験生の間では,「静の奥井,動の筒井」と言われていました。
物静かな語り口の中に,胸にしみいるようにメッセージを伝えてくれた奥井先生。
激しく熱い語りで,心臓を直撃するようにメッセージを伝えてくれた筒井先生。
どちらも,一度聞いたら,ハマってしまう,「語り手」でした。

通勤中の車の中でテープを聞いて,ジーンときてしまいました。
懐かしさもありますが,それだけではありません。
メッセージそれ自体に,感動させられたのです。
そして,聞き終えて,思いました。
こんな授業を,自分はできるだろうか,と。

そしてもう一つ,はたと思ったのです。
奥井先生も筒井先生も,本業は大学教員だったのです。
駿台での授業は,あくまでアルバイトでした。
いわば,今の自分は,同じ立場。
言葉を重ねますが,改めて思うのです。
こんな授業を,自分にはできるだろうか?

今,パワーポイントを使って「わかりやすく」授業をすることが,FD(教員の授業改善)の方法の代名詞のように語られるきらいがあるように感じます。
でも,考えてみたら,80年代から90年代の,マスプロ形式の授業の全盛期には,そんな方法はありませんでした。
かわりに何があったでしょうか?
奥井先生の心に染みいる静かな語り。
筒井先生の心に熱く響く語り。
両先生の語りはまさに,文字化してしまうと,魅力は半減してしまうものです。
訴えかける,声の魅力とでもいいましょうか。
「声」で聞き手を魅了し,納得させる。
これこそ授業力の原点なのだと,テープを聞き入り,改めて脱帽でした。

そういえば,当時,他にもいろいろな先生がいました。
当時の代ゼミの人気NO1の英語教師は原秀行先生でした。
アーチストのライブチケットをとるために「ぴあ」に並ぶかのごとく,この先生の受講チケットをとるために,何時間も並びました(「チケットをとること」それ自体に酔っていたふしも,今振り返ると正直,あるのですが…)。
英語の教師という枠を越えた,どこか人を寄せ付けない,それでいて圧倒させる,そして耳を集中させて聞かなきゃいけないと思わせる「オーラ」がありました。
射貫くような鋭い眼光。
黒板に叩きつけるようなチョークの扱い(たしか,「白一色しか使わない」という哲学を持っていたように思います)。
ダラダラとしゃべらず,低音の声で,短いセンテンスで言い切って語る,独特の語り口。
(「原語録」みたいなものも,受験生の間で流行ったような…そういえば,小泉元首相も,「言い切り方」の語り口ですね)。
誰よりも多くのコマを設け,何百人も入る教室を全て満席にし,その受講生たちが90分,惹きつけられて聞いているわけですから,やはり見事というほかありません。
確かに,雑談も挟むし,下ネタもありましたが,確かに自分は,原先生の授業のおかげで,英文の構造を確実につかんで読む読み方が身についた気がします。

他にも,何人もの予備校の先生から,影響を受けました。
授業内容のわかりやすさはもちろんですが,「人生」においてもずいぶん影響を受けました。
現代文の有坂先生からは,「お勉強ではなく,勉強をするために,大学に行きなさい」と言われました。それから私はブランド志向を捨てて,真剣に大学選びを始めました。
政治経済の吉田先生からは,社会構造の理論の基礎を学びました。ひたすら集中して理論を「考える」授業でした。この授業なくしては,その後,研究者として障害者を取り巻く社会問題に取り組もうとは思わなかったでしょう。
数学の定松先生からは,数学それ自体の面白さを教わりました。そういえば,遠山啓氏が八王子養護学校で算数を教えた実践の話を紹介してくれたのも,この先生でした。

そして予備校時代に,勉強の面白さに目覚めた私は,「大学では,本当の勉強をしたい」と本気で思いながら,大学選びをしていました。
そして大学に合格した瞬間,「これでやっと,『資本論』が読める!」と本気で思いました。
そして大学入学前の3月に,実際に資本論の第一分冊を買って,読みふけりました。
今思っても,ヘンな青年だったと思います。

いずれにしても,今の自分があるのは,予備校で出会った先生方のおかげなのだなと,改めてテープを聞きながら思った次第です。

自分の授業は,いつになったら,当時出会った予備校の先生方の授業を越えられるでしょうか?
簡単には追いつけないだろうとは思います。
けれども,いつかは追いつけたらいいなと思いつつ,高い目標を心に掲げて,日々の授業を行っていきたいと思います。

2007年9月25日 (火)

トップページの位置づけについて

このブログをチェックしていただいている皆様
いつもありがとうございます。
そして,なかなか更新できず,申し訳ありません。
ただ,つい先日,私の更新の遅さ以上に,「更新されていない」と感じておられる方がおられることを知りました。
理由は,トップページにあります。
通常,ブログは,更新されたものが常にトップページに並びますよね。
ですが,私は,あえてそうしていないのです。
もともと,大学の一教員として,ホームページを作成することを求められて,その方法としてブログを使おうと思い立って始めたのが,このブログのきっかけです。
そんなこともあり,公的なニュースとして,目立つところに置いておきたいものだけを,トップページにおいています。
そうしないと,ふと思い立ったことの一言で,トップページが埋まってしまうので。
それはそれで,本来ブログはそういうものでしょうけれども,ちょっともったいないなと思った次第です。
…というわけですので,もし更新の状況を確認されたい場合は,左側の「最近の記事」をチェックしてみていただけたらと思います。

2007年9月 7日 (金)

入学前にしなければいけないこと(その4)コーディネーター探し

前回の書き込みから,すっかり時間がたってしまいました。
「入学前にしなければいけないこと」というタイトル,付けてみて失敗でした。
その1,その2,…と続いていき,なかなか「入学」にたどり着けません… (--;)
入学前にしなければいけないことが,いかに多いかに,今さらながら,気がついた次第です。
さて,聴覚障害学生支援にあたり,コーディネーターの役割が重要であることには,知識としては持っていました。
なので,(自分以外の)誰かにそれを担ってもらおうとは,思っていました。
しかし,それがいかに大変であるかということもわかっていましたから,自分がこなせる仕事量ではないな,とも思っていました。
今でこそ,専任のコーディネーターを職員として雇用している大学も増えましたが,学生が無償ボランティアで行っているところも少なくありません。
ある意味,ノートテイカーなどの情報保障者の方が,支援時間と業務がハッキリしている分,謝金が払いやすいんですよね。事務的には。
コーディネーターさんの仕事は,基本的には,聴覚障害学生が受ける授業と,テイカーの配置可能な時間のマッチングです。
時には,限られた予算の中での振り分けを課せられることもあります(群大では,全ての授業に配置しますので,これはありません)。
テイカーの都合がつかず,しかし授業は迫り,必死で電話やメールをかけまくることも日常茶飯事。
苦情引き受け係みたいな立場にもたたされます。
かなり時間をとられる上,精神的にもきついです。

さて,どうしようかと思っていたところで(正確には,それに先だって),本学の大学院に,聾教育を専門に研究したいという,ご両親が聾者の学生さんが入学予定になっていました。
大学院の合格が決まっており,入学に先立って,私のところに連絡を取ってくれていました。
まだ,聾教育のことはよく知らないという。
しかしなんともありがたいことに,『聾教育の脱構築』を書店で手にとって,それで群大を受験されたとのこと!
(ネコかぶっていたかどうかはともかく)実に礼儀正しく,誠実そうです。
親譲りで,手話もできます。
「これから,なんでも吸収していきたいです!」と,意気込み十分。
こんなにムシのいい話…いや,タイミングのいい話はありません。
コーディネーターをどうしようか?と考えるや否や,彼女の顔が頭をよぎりました。
そして,お願いしました。結果的には,それが大成功でした。

平成15年度の群大の情報保障を支えた立役者,ひでちゃん(なお,この名前での登場のさせ方については,本人に確認済)。
学生から見れば,頼れるおねえさん的な存在でした。
一方,本人にしてみれば,新しい大学に入ったばかりですから,内心は「頼られても困る」という思いだったでしょうし,必死だっただろうと思います。
でも,責任感が人一倍強い子だったので,頑張って,「頼れるおねえさん」であり続けたのだろうと思います。
また,新しい専門を学び始めたばかりではありながらも,「聴覚障害」について,今まで自分が知っていた「聾者」の世界とは異なる側面を学ぶことになりますから,確かに勉強にはなっただろうなと思います。

コーディネーターを決めたことで,4月以降の,授業時間に応じた情報保障のコマの割り振り作業に移れるようになりました。
割り振り作業とはつまり,聴覚障害学生が履修するどの授業に誰を支援者として割り当てるかを決める作業です。
ただ,本学の場合,全ての授業に情報保障者を配置するという発想で動いたので,情報保障がつかない講義をどうするか,といった問題で頭を悩ませる必要はなかったのだろうと思います。

これで一応は情報保障を行うための下地は整ったわけですが,とはいえ,実際は相当な負担をひでちゃんには課したように思います(今,振り返れば,ですが…)。
テイカーが来られなくなってしまい,その代わりが見つからない時,彼女がかわりにテイクに入ることも,決して少なくありませんでした。
後に障害学生支援室ができあがって専門の職員が雇用されるようになるまでの1年間,意地でも,「テイクがない」という状態を作らないようにし続け,本当に重責を果たしてくれたと思います。

ひでちゃんは,私が足を向けて眠れない学生の1人です。
ありがとう!

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »