« 特別支援学校免許(聴覚障害領域)への対応をめぐって | トップページ | まずは量的充足を! »

2007年6月19日 (火)

木下航志というアーティスト

最近注目している歌手がいます。
木下航志さんという方です。
オフィシャルサイトのプロフィールによれば,彼はなんとまだ,高校2年生。
鹿児島盲学校に在学中とのこと。

昨年の秋,たまたま鹿児島で学会があって出かけた折,鹿児島駅前に特設ステージが
作られ,イベントをやっていました。
何人かの歌手が入れ替わりたちかわり,ステージにあがっては,歌っていく。
そんな中,スタッフの方にひょいと抱え上げられるようにして,キーボードを前にした椅子に,ちょこんと乗せられた少年がいました。
(こういう「介助」の方法がいいのかどうか,ついつい業界人としては気になるところなのですが,それはとりあえずどうでもいいとして…)
正直,ちょっと場違いなくらい,いかにも華奢な男の子でした。
それがホントに,歌い始めてビックリ。
回りを圧倒するような,ハリのある,伸びやかな声で,ソウルフルな歌を熱唱するではありませんか!
スティービーワンダーがまだ少年時代,リトルスティービーと呼ばれていた頃って,
こんな感じだったのかなぁと,勝手に思いをめぐらせながら,その場に立ちつくして聞き惚れてしまいまいた。
学会なんて,どうでもいいや!なんて思ってしまうくらい。(…いや,ちゃんと参加しましたけどね)

その後,3月〜4月頃だったか,ふとテレビを見ていると,CMに出てきているではありませんか!
あの時の少年が。
京成スカイライナーのCM。
夢を追いかけて,外国に旅立っていく,1人の青年として。

そしてほとんど同じ頃,たまたまFM群馬を聞いていたら,いつぞや,鹿児島で聞いた歌声が流れてきて,「おおっ!この声だよ!」と嬉しくなり,再び聞き入ってしまいました。
独特なアレンジの,AmazingGrace!
ゲストとして,トーク番組に出演していたようで,その話の中で,自己紹介などもあったので,改めて頭にインプットして,その日のうちにウェブでオフィシャルサイトなどを確認して,iTuneでアルバムを購入しました。

おしゃべりを聞くと,いかにもまだ17歳の男の子なのですが,歌になると,人が変わったように見事な,魅力的な「歌手」に変わります。そのギャップがまた,面白い。

ぜひ,さらに大きな舞台で活躍してもらいたいなと思って,ひそかに応援しています。

オフィシャルサイトは,こちらです。(リンクの承諾も得ています)
http://www.kishitakohshi.com/

« 特別支援学校免許(聴覚障害領域)への対応をめぐって | トップページ | まずは量的充足を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・映画・音楽」カテゴリの記事

コメント

お初です。

この間、立ち読みした女性週刊誌に、木下さんのことが載っていました。
週刊誌の名前は忘れてしまいました・・・。

親御さんの話も載っていて、興味深く読みました。

また覗きにきます~


コメントありがとうございます。
意外なところに反応があり,ちょっと驚きつつも,嬉しくもあります。
ぜひ,もっとメジャーになって,そしてビックなアーティストになってほしいなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212191/15485722

この記事へのトラックバック一覧です: 木下航志というアーティスト:

« 特別支援学校免許(聴覚障害領域)への対応をめぐって | トップページ | まずは量的充足を! »